同友ひろしま/2022年/4月/News

「故郷で錦を織り続ける」ということ

「故郷に錦を飾るというのも良いが、私は故郷で錦を織り続ける、そんな生き方がしたい」と語る立石克昭さん(㈱タテイシ広美社 会長)。創業45年、生まれ育った府中市から、デジタルサイネージや広告看板などを全国に展開しています。
 立石さんが学校運営協議会の会長をつとめる府中明郷学園は12年前に小中一貫校となりました。全国に先駆けてコミュニティスクールを取り入れ、地元住民が学校教育に協力しています。スローガンは「地域の中に学校を 学校の中に地域を」、立石さんが名付けました。
 その府中明郷学園で、3年前から会社を経営する模擬体験の学習が始まりました。7年生で会社をつくりますが、特に力を入れているのは経営理念の策定です。八年生になると商品を開発、販売、決算を行い、利益の分配も行うという本格的なものです。本年度から、立石さんの呼びかけに地元企業の経営者七人が賛同して企業支援チームが立ち上がりました。
 3月、7年生は8年生から模擬会社を引き継ぎます。社名は「リンクス」。笑顔で人とつながり、社会とのつながりを広げようという意味で、経営理念を表しているそうです。社長・副社長・製造部長などの役割を引き継ぎました。
 3月17日、VR(バーチャルリアリティ)職場体験学習がありました。対象は7年生、1週間前に8年生から模擬会社を引き継いだばかりで、これからどんな経営をしていくのか、地元の中小企業2社をVRで見学し、参考にしようという授業です。(写真)
 1社は㈱タテイシ広美社の社員の早川貴光さんが説明、「一人で出来ないことはみんなの力を借りる。失敗の報告は30分以内に」など注意点も紹介。もう1社は高橋工芸㈱の社長の高橋和希さん、「人と同じことをやっていたら価格競争になる。オリジナリティが大切」と強調していました。
 企業支援チームの立石さんや高橋さんの「地域の存続が自社の存続。単なるボランティアでやってるのではない」との思いを聞いて、「故郷で錦を織り続ける」ことの意味がいっそう深まりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2022年 4月 の記事一覧

広島市環境局中工場(広島市) 2004年完成した谷口吉生氏の設計よる名建築。映画「ドライブマイカー」のロケ地にもなりました。原爆ドームから続く平和の軸線を遮らないよう建物に中空部分が作られています。 広島県内、特に県北地…

>続きを読む

報告者 ㈱明販広島東 専務取締役  岡本昌代 氏(広島東) 報告者 ㈱広島明治  専務取締役  三島昌美 氏(広島東)  2021年度全県女性部交流会が2月9日に開催されました。今年の設営担当は福山支部で福山を会場に開催…

>続きを読む

 去る2月22日(火)Zoomで9支部合同例会(実行委員長:清水 良輔氏・シミズダイヤモンド㈱ 専務取締役、尾道支部)が開催されました。参加者は219名でした。  当日は、2023年に広島同友会の設営で開催される青年経営…

>続きを読む
トップヘ