同友ひろしま/2022年/9月/News

新支部長紹介 同友会で始まった我が社の挑戦 西研㈱ 代表取締役社長  寺本 博 氏(広島西支部長)

■散髪屋のような仕事をする    

大学卒業後、たった2人で起業したのが西広島研磨工業(現在の西研㈱)です。300万円の資本金、汎用旋盤2台だけで切削工具の再研磨事業をスタートさせました。  
切削工具とは、自動車・飛行機・医療分野・半導体・家電・機械・メガネ・スマホなど様々なものを作る際に使用される工具です。  
西研で行っているのはその再研磨(使用済みの工具を研磨してまた使えるようにする仕事)。この仕事を選んだのは、1回限りの仕事ではなく、散髪屋のように何度も利用してもらえる、循環する仕事をしたかったからというのが理由です。  

■価格決定権のある製品作り    

再研磨が自社の主力とはいえ、再研磨の競争力が低下しているのが現状でした。東アジアの低価格切削工具の普及やリーマンショックなどが影響し、同業者も廃業に追い込まれました。  なんとかしなければという思いから、価格決定権のある製品の開発を決心しました。そして完成したのがクレアボーラーです。  
従来の工具なら4~5時間かけていた加工が2~3分ででき、真っ直ぐきれいな穴を精密に開けることができます。また、削りかすの排出機構も備えており、日本だけでなく世界各国で特許を取得しました。西研の自社ブランド比率は現在一二%です。二年後に二〇%を目標にしています。  

■物事のハードルが低くなる    

新製品を開発して特許を取得するなんて、かつては想像もしていませんでした。同友会に入って、多くの経営者が日々挑戦していることを知り、物事のハードルが低くなったおかげで、私もいろいろなことに挑戦するようになりました。  ほかにも異業種の経営者や金融機関とのつながりができたこと、委員会(経営労働・求人社員教育・広報など)で勉強できたこと、学びのアウトプットの重要性など、様々なことを吸収できました。  
イベントが多く、時間を取られすぎたり、「はい」か「イエス」しかなかったりとスパルタなこともありますが。

 ■明るく楽しい会社へ    

とはいえ、同友会で学び実践し続けたこともあり、2人から始まった西研も大きくなりました。新卒採用を続けているおかげで、初期に採用した新卒が会社の中核を担うようになってきました。  
創業から27年経ちますが、三菱重工のコンペで自社製品が採用、ISOの取得、特許出願、事業再構築補助金の採択事業に選ばれ新工場を建設といろいろなことに挑戦しました。  
人はドキドキわくわくすることが生きがいだと考えています。わくわくしない人生は面白くありません。そんな思いを経営理念にも掲げています。西研はこれからも明るく楽しい会社をめざします。

会社概要

■創  業:1995年
■資本金 :3000万円
■社員数 :21名
■売  上:26100万円
■事業内容:切削工具の製作・加工・再研磨

 

 

 

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2022年 9月 の記事一覧

アサギマダラ~旅するチョウ(三次市作木) 毎年、9月中旬になるとやってくるのが旅するチョウ、アサギマダラ。まるで渡り鳥のように、春夏には台湾方面から2000キロもの距離を北上して日本各地にやってきます。 この地域では休耕…

>続きを読む

県内の特別支援学校(以下、特支)の先生を対象にした「企業訪問バスツアー」。コロナウイルス感染症の流行に伴い、各支部で開催を見合わせていましたが、今年度は感染防止に努めながら行いました(一部は延期)。各校の様子を報告します…

>続きを読む

7月18日、「呉市中小企業・小規模企業振興条例(以下、条例)実践シンポジウム」が、呉市主催(同友会呉支部共催)で開催されました。   このシンポジウムは、条例の実践と中小企業・小規模企業振興の重要性、関係者機関や市民など…

>続きを読む

講師 社会福祉法人大空会 理事長  黒川 義之 氏 (㈱グローバルコスモ 代表取締役) 8月18日(木)に呉森沢ホテルとZoomを使い開催されました。参加者は82名でした。   ㈱グローバルコスモの前身は蒲刈観光汽船㈱。…

>続きを読む
トップヘ