活動レポート/2022年/10月/News

「これからの会社とともに生きて行く」広島西支部佐伯地区会

報告者:株式会社山陽タオル 橋本 千治 氏

日時:2022年10月19日18:30~
場所:佐伯区民文化センター

今回はリアルのみ開催、かつプロジェクターも不使用で従来の例会報告会スタイルで開催致しました。
山陽タオル現社長の子息である橋本さんが、1自己紹介、2会社紹介、3山陽タオルについて、4現在の自分の立ち位置、5同友会の先輩方にお聞きしたい事、5つのテーマに分かれて、自己紹介で生い立ちから海外留学などの経験を経て、山陽タオル事業説明から入社後の経験を語ってくださりました。

特に現社長の偉大さとカリスマ性に尊敬の念を強く持っている事が伝わる反面、社長になる為には超えなければならない高い壁である事が報告を通して伝わりました。
30代半ばで事業内容を考える様になったが、運営側に携われていない。
前に出るのを避けてきた、まだ事業承継について具体的に話が無い、出来ていない中で橋本さんが社長になる為に何が必要か、同友会の先輩方にお聞きしたい気持ちから、今回のグループ討論テーマになりました。

グループ討論テーマ①社長になった時の心境・②社長になるというのはどういう事だと思いますか?の2つを軸に各グループに討論致しました。
① 社長になった時の心境
・自分の意志がブレないように!  ・妥協しない
② 社長になるというのはどういう事だと思いますか?
・弱みを強みに変える  ・自分に自信を持とう  ・従業員を守る
・数字が分かる社長は9割いない(数字が読めない事への回答)
・全てにおいて覚悟を持つ  ・親(社長)を楽させてやりたい(息子としての優しさ)
・とにかく話をしていく
などアドバイス、叱咤激励が織り交じったグループ討論の回答でした。

今回の例会報告の最後に社長になると参加者の前で強く決意表明した橋本さん。
普段知る事の出来ない橋本さんの気持ちに触れる事が出来た例会報告でした。

記:岩本工機㈱ 谷口 誠

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2022年 10月 の記事一覧
トップヘ