活動レポート/2023年/3月/News

更新日2023.03.01

会員紹介 中③④ (有)昌和工業 専務取締役 桝本 隆智 氏

(有)昌和工業は、塗装の中でも特に難しい「食品加工工場内の床面の塗装」のスペシャリストです。

食品加工現場の床面の環境は、非常に厳しいもの。 毎日、水で洗浄されるだけでなく、洗剤、薬剤、酢や塩分にもさらされる。だから塗装が溶かされやすく、剥げやすい。しかも多くの食品工場は365日稼働が基本。乾燥まで含めて、全ての作業を1~2日で完成させなければならない。

一般のペンキ塗装なら、コンマ何mmかの厚さに塗り、半日で乾かすそうです。一方、食品加工工場の床は、熟練工により4~5ミリに厚塗りしたものを1時間で乾燥させるのです。そのようにして1日100平米(10m×10m)を塗るそうです。

更に補修作業の場合、長年浸み込んだ薬剤のために、コンクリートが溶けて床面に穴があいたり、ペンキが乗らないこともある。しかし30年以上蓄積してきたノウハウでもって、難しい状況下においてもお客様の希望通りの仕上がりを可能にしてきたのが、(有)昌和工業です。

この会社において、桝本隆智氏は取締役専務として営業に当たっておられます。お客様の要望を聞き、その工場の床の使われ方を確認し、見積もりを提出し、依頼先の決済を待つ。ゴーサインが出たら、職人と共に現場に入り、直接職人に指示をする。土曜も日曜もなく、平日の休みにも、お客様からの電話が鳴る。

なぜ、切れ目なくお仕事を続けられるのか?「性に合っていた」と桝本氏は言われます。 大学を卒業し、若い時は印刷業の会社に勤めていた桝本氏。かつての大学の先輩に誘われ、今の会社の福岡支店立ち上げに関わられました。しかし3年後、支店は閉鎖。広島へ転勤し、以来25年間営業をして来られました。

「人間関係が苦手で、小さな会社に勤めたかった。今の会社に出会い、認められ、自分で采配を振るわせてもらえたのも、性に合っていた」と語られる氏は、責任感が強く、自分に妥協を許さない方でした。 好きなものは、キリンビールの一番搾りと奥様。最近は高血圧と肥満を指摘されているが、なかなか改善しようという気になれないのが困りごとだとか。70歳まで元気に働き続けたい、というのが今の目標だそうです。 

記:ひとつ麦 吉原 幸子

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2023年 3月 の記事一覧

報告者:(有)アサヒフィルタサービス 代表取締役  宮﨑 基 氏 わが社はフィルタの加工販売を行っています。ビルや店舗、病院などの空調関係で使われています。この商品は、その先に大事なもの、例えばお客様や患者さん、貴重な美…

>続きを読む

約1年前に特別地区会として発足した備北特別地区会。毎月、例会・懇親会などを開催して、学びと交流の輪を拡げてきました。 3月も体験報告例会を開催。㈱敬ちゃん時計店 会長 竹田則之さんの報告に学びました。 経営者はそれぞれが…

>続きを読む

3月2~3日、「第53回 中小企業問題全国研究集会 in 長野」が開催されました。広島同友会からは41名が参加しました。 私が参加した第9分科会の報告者は北海道大学大学院教育学研究院 教授 宮﨑 隆志氏。「ユネスコ『学習…

>続きを読む
トップヘ