活動レポート/2023年/8月/News

更新日2023.08.02

「幸子の部屋」〜きもので自社の未来を語る〜 Vol.2 (有)佐藤塗装工業 佐藤英治さん(中⑨)

広島の太公望に聞く!

皆さん、こんにちは。ひとつ麦の吉原幸子です。
ゲストの方に、お着物を着用してもらってお話を聞く「幸子の部屋」へようこそ!
今回のお客様は、塗装業を行っておられる、(有)佐藤塗装工業の佐藤英治さん(中支部⑨地区)です。

【本日のお召し物】
佐藤:洒落た縦縞のサマーウールのきものに、黒の羽織を合わせて。青緑の帯を締め、苔色に近い羽織紐を合わせました。行く夏を惜しむスタイルです。

吉原:白地に絣模様のサマーウールのきものに、型染の夏帯を合わせました。帯締めは季節を先取り、臙脂とグレーの染め分けの平組。帯揚げは鴇浅黄色の左右柄違いのものを選びました。

【本日の撮影場所】
宮島・レンタルスペース「因」、及び宮島・長浜

吉原:このお仕事に入られたきっかけをお聞かせください

佐藤:ぶっちゃけで、いいんですか?(笑)
学校に行きたくなかったんです。16歳で、学業に飽きました。 勉強はまあまあ出来てましたが、毎日同じ空間へ行くこと自体に飽きたんです。もっと遊びたかった。
当時、塗装屋で働いている友人がいて。会社に行くと友達に会えるし、仕事を手伝えばお金をもらえた。「働くって、楽しいな」と思い、高校を中退。塗装会社へ就職しました。社会人になったことで、とても自由になれた気がしました。

吉原:どのくらいお勤めをされたのでしょうか?

佐藤:5年くらいですね。最初に勤めた会社は「建築塗装」という塗装のみを行う会社でした。これに、飽きたんです。次は「吹付塗装」がやりたくなりました。20歳の時です。
学生の「夏休み」も羨ましかった。だから転職に当たって「1ヶ月休みを取ろう」と思ったんです。すると父親に「今すぐ出ていけ。プータロー(当時の発言のままを記載)は1日たりともうちには置かん!」と言われました。
実は実家も塗装屋でした。とにかく1週間うちを手伝え、と言われ。結局そのまま5年後に家業を継ぐことになりました。25歳の時です。
25歳で社長になると同時に、結婚もしました。今振り返ると当時は本当に大変でした。よくやったと思います。

吉原:人生のかなり早い時点から、どんどん新しいことに挑戦していく佐藤さんは、とてもアグレッシブに見えます。そうして順調に事業を拡大し、今に至っている、ということでしょうか?

佐藤:そうではありません。41歳の時、信頼していた人に突然裏切られるという大変きつい経験をしました。本当に会社も人生も危うくする出来事で、鬱にもなりましたし、会社も続けられない、と思いました。でも3ヶ月茫然自失した後に、沸々と怒りが湧いてきて。「このまま終わってたまるものか。必ず最後には笑ってやる!」って思ったんです。

吉原:鬱にも3ヶ月で飽きたんですか!佐藤さんは徹底した「飽きる天才」ですね!!

佐藤:そこから猛勉強しました。塗装と言ってもいろんな種類があるのですが、建築塗装、吹付塗装、家具塗装…全て習得しました。そして国家資格である「一級建築塗装」の資格を取得しました。それだけでなく「一級建築施工監理」の資格も取得しました。

吉原:それらの資格があると、お仕事はどのように変わりますか?

佐藤:1軒の家のリフォーム工事を、丸ごと請け負うことが出来ます。下請け仕事ではなく、お客様への提案と実務、両方を行えます。
これまで「塗装業」といえば、不動産会社や建設会社の「下請け」で「部分仕事」でした。しかし2005年以来、うちはホームページで直接個人のお客様を集客してきました。塗装業でネット集客したのは、広島ではうちが最初だと思いますよ。おかげさまで今ではこちらから集客しなくても、個人のお客様がリピーターとなり、仕事を紹介してくれるまでになりました。
「塗装」だけでなく「リフォーム全般」を全て自社で請け負える体制を整えたい。取引業者とWinWinな関係を構築したい。自社の職人を更に育成したい。その職人が満足できるような仕事を提供したい。「おたくに頼んで良かった」とお客様に言われたい。
だから家を建てるために必要な17業種全ての資格を取りました。
そしてこの度、更なるチャレンジとして「宅建」も取得しました。

吉原:塗装業で、宅建ですか?どのようなチャレンジを描いておられるのでしょうか?

佐藤:自社でリフォームした家を、自社で販売します。
これによって、お客様に適正な価格の良質な中古住宅を供給できるようになります。
これからは人口が減少します。次々新しい家を建てるのではなく、中古物件をリノベしていく時代です。その中で、信頼できる技術をもって、相手にも、自分にも平等な取引をしていきたいと思っています。「塗装」「リフォーム」「住宅販売」この3つを柱に今後は展開していくつもりです

吉原:佐藤さんは、後ろのものに引きずられることなく、前へと進み続けられる素晴らしい推進力をお持ちですね。そうあるために、心がけていることはありますか?

佐藤:特にありません。男というのは、女性に比べて成長するのが遅いものなんです。
30歳で半人前。やっと大人らしくなってくる。35歳で両親を客観的に見るようになって、40歳でやっと悟るというか大人になる。50歳で腰が据わって迷わなくなる。今ちょうど、その年齢に差し掛かっているからだと思います。

吉原:大器晩成ですね。佐藤さんが、文王に見いだされた周の太公望に重なって見えます。
それでは最後に、今後どのようにお仕事をしてゆきたいか、お聞かせください。

佐藤:いつもにこにこ。週休3日。楽しく稼いで、社員の生活の質を上げ、みんなで笑っていられる会社にしたいです。目の届く人を幸せに出来たら、それが自分のMAXです。
職人が満足できる仕事を取ってきて、お客様から感謝される。そのような会社にしたいし、自分でありたいです。

吉原:素晴らしいビジョンをありがとうございます。いつか住宅をリノベーションする時は佐藤さんにご相談したくなりました。貴重なお話、ありがとうございます。

佐藤さんは釣りがご趣味、とも伺いました。このたびは宮島でのお着物釣りショットも撮影させて頂いております。少年のような笑顔が魅力的な佐藤さんにご注目ください。

次はあなたにお話をお伺いするかもしれません。
是非お着物で、事業の来し方行く末をお聞かせください。
それではどうぞ、ごきげんよう。

記:ひとつ麦 吉原 幸子

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2023年 8月 の記事一覧

■報告者:行政書士藤井吉彦事務所 藤井 吉彦 氏 ■日 時:8月23日(水) ■会 場:参画センター ■参加者:12名 まず行政書士の藤井氏が事前に求人勉強会で学ばれた、「応募したくなる企業とは」をレクチャーしてもらいま…

>続きを読む

■報告者:(株)ACCORD 梶原 亜紀 氏 ■日時:8月23日(水) ■会場:ローズコム ■参加者数:46名 地域の未来のために活動している事業について自身で説明させていただいた上で、今後の事業拡大に向けて、グループ討…

>続きを読む
トップヘ