活動レポート/2023年/8月/News

「教えて!相続問題あれやこれ~税理士観点×不動産観点~」福山支部E地区会

講 師:相続コネクト税理士事務所 武井 博之 氏
講 師:中国バス不動産(株)     片岡  陽 氏

日 時:8月17日(木)
会 場:ローズコム
参加人数:24名

E地区8月例会は「相続問題あれやこれ」と題して、相続コネクト税理士事務所・武井博之氏と中国バス不動産・片岡陽氏に、相続の時に起こり得る問題を、税理士の観点、不動産業よりの観点から、それぞれわかりやすく発表して頂きました。

武井さんは、相続専門の税理士で、年間数十件の案件を持ち、他の税理士事務所からも、セカンドオピニオン的な依頼を来る人気の税理士事務所です。
片岡さんは、不動産トラブルを、税理士、弁護士、司法書士などの専門家と連携しながら、相続問題を解決し、相続対策セミナーも積極的に開催されています。

相続問題は、誰もが直面する問題ですが、当事者となった場合、どの様な事が起こり、どう解決すれば良いか、事前に対策を考えておく事が大切で、一番有効な対策が、遺言状であり、相続からトラブルや争いに発展する前に、現状を家族にいくら財産が有り、その評価を知り、生命保険や生前贈与などが、本当に正しく行われているか、専門家の方の意見を聞く事が大切だと、教わりました。

同友会に参加して、我々は会社という大きな財産を持っています。その時になり、慌てて対策をしていては、事業に影響があるかもしれません。スムーズで効率的な相続の為に、家族とのコミュニケーションを計り、100%納得のいく相続は難しいですが、無駄な税金も抑えなくてはなりません。
まず、親が元気なうちに話しをし、もし自分自身に万が一の時の事も、考えなければと思いました。

今回の例会のテーブル討論では、各テーブルで相続についての質問を考えてみました。
それぞれの悩みは、実際何をいくら持っているのか把握出来てない、家族で話し合いが必要な事は分かっているが、どの様に話して良いか分からない等の質問が多く出ました。

他のテーブルからは、保有している趣味性の高い時計や車、骨董等の価値をどうやって評価すれば良いのか、遠くに所有している森や山とか、売れそうにない不動産はどうすれば良いか等の質問がありました。
今回の例会で、まず相続についての基礎知識を知り、相談出来る専門家を持つ事から、準備を進めなければならないと思いました。

武井様、片岡様、分かり易くご説明いただき、ありがとうございました。

記:(株)伊呂波 大村 剛(E)

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2023年 8月 の記事一覧

■報告者:行政書士藤井吉彦事務所 藤井 吉彦 氏 ■日 時:8月23日(水) ■会 場:参画センター ■参加者:12名 まず行政書士の藤井氏が事前に求人勉強会で学ばれた、「応募したくなる企業とは」をレクチャーしてもらいま…

>続きを読む

■報告者:(株)ACCORD 梶原 亜紀 氏 ■日時:8月23日(水) ■会場:ローズコム ■参加者数:46名 地域の未来のために活動している事業について自身で説明させていただいた上で、今後の事業拡大に向けて、グループ討…

>続きを読む
トップヘ