同友ひろしま/2024年/2月/News

呉支部新年互礼会 「新年につどい、夢と希望を語り合い、交流を深めよう!」

呉支部の新年互礼会は、1月27日に呉阪急ホテルにて開催され、会員や来賓など121名が参加して新年を祝いました。

開会前に、能登半島地震の犠牲者を悼み黙とうを行いました。三つの目的唱和、住岡支部長の年頭挨拶に続き、来賓を代表として、新原呉市長と竹内呉広域商工会会長からご挨拶を頂きました。特に新原呉市長は「会員同士でこれからの経営を真剣に議論し、会の中で人間関係を築きながら、助け合い、切磋琢磨される姿は、これからの呉市に大きな力となることを確信しています」という激励のメッセージを頂きました。

乾杯に先立ち、新極真会 大濱道場の皆さんによる力強く、気迫のこもった演武が披露されました。会場内のボルテージも上がってきます。
その後、川瀬日本政策金融公庫呉支店長の音頭で乾杯しました。
歓談の最中には、大森神楽団の皆さんによる神楽舞では「八岐大蛇」が披露され、迫力ある神楽舞に、会場内には拍手と大歓声が沸き起こりました。

今回は特に新型コロナウィルス感染症が5類に分類されて初めての新年互礼会だったため、安心して交流する参加者の皆さんの様子が印象的でした。
中締めの挨拶を中里副支部長が務め、「トップである経営者が暗いと、社内も暗くなります。どんな状況にあろうとも笑顔を忘れず、前へ向いて経営指針を実践し、仲間同士で励まし合っていきましょう」と呼びかけ、閉会となりました。
(記:事務局 木下)

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2024年 2月 の記事一覧

講師:日下企業経営相談所 代表  日下 智晴 氏(元金融庁地域金融企画室長) 私は、広島銀行に31年、金融庁に6年勤めた後定年退職し、祖父が開設した経営相談所を再興しました。 私は同友会が、金融・行政が大変混乱していた時…

>続きを読む

報告者:中同協 条例・憲章推進本部 顧問 杉村精工㈱ 取締役会長 杉村 征郎 氏(静岡同友会) ■中小企業憲章制定運動とは 中小企業憲章とは、日本の経済・社会・文化及び国民生活における中小企業の役割を正当に評価して、豊か…

>続きを読む
トップヘ