活動レポートNews

蛙よ!大海を知れ! 福山支部青年部会


 
 青年部の12月例会は㈱エイトコーポレーションの代表取締役 八條公貴氏に報告して頂きました。
 まず、距離と学びは比例するという言葉からスタートをしました。中同協青年部副代表(中四国ブロック代表)でもあり、県外の例会などに何度も足を運ばれており、そこでの沢山の出会いや学びから、自己自社での課題を見る角度をたくさん持つ事ができるようになったそうです。まさに福山だけではなく、県外の同友会活動で得られる出会いと学びは非常に大きいと学びを頂きました。
 自責の考え方について、会社で起こる出来事は決して、外部環境や社員のせいで起きている訳ではない。すべて、社長の責任である。そこにルールがあるのか、それを行う仕組みや方法をきちんと定めることも経営者の役割であると気づきを頂きました。
 成長スピードについて、素直さ、師匠を決める、行動力、出会う人の数、例会報告の数・場所などが挙げられていました。

 特に行動力は、良いと思ったことは即行動して、何度もトライ&エラーを繰り返し行ってきたそうです。この行動力が他ではまねのできないスピードで成長している要因だとわかりました。 
 最後に、青年部にメッセージを頂きました。「1.全国に出て視野を広げろ!」「2.停滞は後退のはじまりである。常に学び続け、行動し続けろ!」「3.損得ではなくて、善悪で人付き合いをしろ」「4.99%の経営者になるな!」の4つです。会社の数字と本気で同友会活動を行ってきた実践者のメッセージに感銘を受けました。私も実践をしていき、このメッセージを伝えていける経営者になります。
 報告の途中では家族に対する非常に熱い思いを語られ、家族と同じくらいに社員を思っている八條氏の素晴らしい報告でした。ありがとうございました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

■報告者:バンズグリル 小川 尚範 氏 ■日時:1月26日(金) ■会場:事務局・Zoom・各地区サテライト ■参加者数:24名 この度の経営基礎講座では経営方針編の第1回目を勉強いたしました。経営方針を作成するために、…

>続きを読む
トップヘ