活動レポート/2019年/1月/News

自社に必要なビジョン 福山支部B地区会

 B地区の12月例会は、市民参画センターにて「自社のビジョンに必要なこと」というテーマでマンダラチャートを参加者全員で行いました。
 9×9マスの真ん中に自社の夢、目標を記入していただきました。そしてその周り十字方向に、人・モノ・お金(数値)・進化というキーワードを決め、最初の25分で記入の時間、そののちグループ内で、シートのプチ発表をおこないました。

 マンダラチャートを記入している時、経営指針書に似ている、と感じました。
 真ん中に記入した夢、目標は5年、10年ビジョンでその周り8マスに記入するのは、 指針、8マスの周りに記入したのは方針でした。方針を書く時、最重要事項、もしくは実行、実践しやすい事を順番に書くと、自社分析、経営計画が書ける。
 マンダラチャートを真剣に考え、記入していけば、経営指針書が書けるのではないかと思います。またマンダラチャートは自社の会議や、自社分析、想いや考えの整理に使えると思います。この例会を機に様々な場面で活用していきたいと思います。
 ただ考えて書面に残す事は大切ですが、その書面を行動、実践することが1番重要ではないかと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2019年 1月 の記事一覧

12月A地区例会は、地区会員でもあります、㈱オーザックの岡崎隆社長に「働き方改革」に関する実践報告をしていただきました。  ここ数年「働き方改革」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、岡崎社長の会社では、十数年前か…

>続きを読む

   D地区12月例会は、㈲池永会計事務所 池永章氏を講師としてお招きし、事業承継をテーマにご講演いただきました。  近年、子を中心とする親族内承継が困難となり、中小企業の事業承継の形態が多様化し親族外承継が増加してきて…

>続きを読む

 経営労働委員会で勉強会を開催しました。  経営指針書を作成する第一歩、経営理念編「この話であなたは変わる」~経営理念で会社が変わった~をテーマに菅原汽船㈱代表取締役の菅原 博文氏に体験報告をしていただきました。  体験…

>続きを読む
トップヘ