活動レポートNews

「常識にとらわれない経営論 ~40歳以下の経営者・後継者のための例会」広島安佐支部青年部会10月例会

平成28年10月15日安佐支部青年部例会が広島マツダビルにて行われました。今回の報告者は㈱ティーエス・ハマモト 濱本社長による「常識にとらわれない経営論」というテーマで濱本社長の学生時代、社会人、広島に戻り家業を継いだ経緯、戻った際の経営状況等、非常に内容の詰まったお話をしていただきました。

社内の雰囲気を変えるため若手だけによる会議やチーム制度等、様々な取り組みをおこなわれ、会社を統率のとれたボトムアップ組織として確実に業績を伸ばされています。そこには濱本社長が常々おっしゃられていた「社員の成長なくして会社の成長なし」という熱い想いが感じられました。そうした社長の想いが社内全体に響き、社内の雰囲気がそのまま現場に響く。ひいてはその現場の雰囲気がお客様の評価にもつながるのだと今一度考えさせられました。

また今回の例会では80名を超えるオブザーバーの方にも参加して頂きました。報告後のグループ討論では同年代の経営者、後継者の方たちと様々な意見交換ができ大変貴重な時間を過ごせました。

 最後になりますが濱本社長の掲げる意識改革7カ条です。

1.目標を持っているか

2.仕事の目的は何か

3.勝手な固定概念はないか

4.業界の常識にとらわれていないか

5.社員の能力を押しつぶしていないか

6.限界値を勝手につくっていないか

7.出来ない言い訳をしていないか

 常日頃からこの言葉を胸に置き何事にも挑戦し続けていきたいです。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 青年部の2月例会では、まず、マテリテック(株)広島オフィスの三上尚吾氏より、自社業務と、三上氏が個人で資格を取得して活動している中小企業診断士としての業務についての報告を受けました。その後、三上氏から、泉昌志氏(旭紙管…

>続きを読む

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む
トップヘ