活動レポートNews

「電気代への対処法」福山支部地球環境委員会11月度勉強会

2016-12 fukuyama(3)

 地球環境委員会では11月4日に「電気代への対処法」として㈱オービットの尾崎雅行氏を報告者に勉強会が行われました。

 お話しの中で電気は基本的に貯めることが出来ず、必要な電気をその都度供給してもらい、それを使っている。電力会社は季節や天気、時間帯に合わせピーク時にも対応できる設備と準備を整えていなければならない。電気料金を下げるには、まずピーク時の電気量を削減(ピークカット)したり、ピーク時の電力を分散(ピークシフト)させる事が必要であり、それを皆で実行することによってピークを抑えられ火力発電、原発も減らせCO2の削減も出来るとの事でした。

2016-12 fukuyama(4)

 自社では高圧受電契約をしており月々の電気料金も高く何か削減方法がないものか考えていましたが、仕事量の増減やどの部分でどのぐらいの電気が使われていてどこに無駄があるのか細分化できていない為、具体的な対策ができないままの状態でいました。今回のお話しを聞き高圧受電の基本料金設定の仕組みを知り、高圧受電での電気代削減にはピークカット、ピークシフトの実行が最大の近道だと確認できました。

 その他にも電気契約見直しの目安や、消費電力量から見る家電の買い替え時期など会社にも家庭にも実益のあるとても実りのある勉強会となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 去る2月20日、「合人社ウェンディひと・まちプラザ」の研修室において中③④地区会2月例会が行われました。  今回の報告者は旭ホームズ(株)副社長の末岡京子さんでした。  報告では会社の紹介から始まり、末岡さん自身の生い…

>続きを読む

 佐伯地区会2月例会は、12月に入会されたばかりの中谷氏の報告でした。20数年の広告代理店勤務を経てオーナーに転身。実家を改修して古民家風のリハビリ特化型デイサービスを開業、2918年11月より4年目の運営を展開されてい…

>続きを読む

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む

 S地区の2月例会は、「自社を知らずして経営戦略は立てられない ~クロスSWOT分析をやってみよう~」というテーマで、㈱内海機械の代表取締役、S地区会長の内海氏に15分ほど講演して頂き、その後、実際に各テーブルに分かれて…

>続きを読む
トップヘ