活動レポート
  • ホーム
  • >活動
  • >参加者が思いのこもった経営指針を発表!~第7期ひろしま経営指針塾 第8講 発表会
2024.03.22

参加者が思いのこもった経営指針を発表!~第7期ひろしま経営指針塾 第8講 発表会

昨年7月に開講した「ひろしま経営指針塾」。2月17日第8講最終講は、広島エアポートホテルにて、塾生の指針書発表会を開催しました。
午前中は、4つのグループごとに発表し、質疑応答やコメントを出し合いました。午後からは、グループ代表4名により全体発表会を開催。参加者全員が採点し、指針塾オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)を選出。

今年度のオブ・ザ・イヤーは、1グループ代表の㈲アドバンスの藤岡秀行さん(表紙の方)に決定。準オブ・ザ・イヤー(優秀賞)には、2グループ代表のエス・エス・アロイ㈱の菊池さんが選ばれました。さらに、3グループ代表の(株)Agri Lore Lab.の藤谷さん、4グループ代表の(有)吉田仏壇金具製作所の吉田さんには、敢闘賞が送られました。皆さんの指針書はどれも甲乙つけがたく、僅差での選出となりました。

総括講義の後、サポーター代表からも、「今日の日が迎えられてほっとしました。続けて学ぶ仲間として、実践し一緒に頑張りましょう」「経営指針は魔法の杖。でも使い方を誤ると良い会社になりません。まずは、毎年更新していきましょう」「サポーターとして学んでいれば、いつか道が開けると思って参加しました。来年度も皆さんと一緒にサポーターがしたいです」「皆さんには、『経営指針を実践してよい会社になった』と言える実践者になってほしいです。これからも一緒にがんばりましょう」との発言がありました。

最後に大里塾長より「今日はあくまでも『修了』です。『卒業(結果を出す)』には10年かかります。これからが実践のはじまりです。しっかり実践して、来期の指針塾でサポーターとして引き続き学んでいきましょう」との挨拶で閉会しました。

本気で良い会社にしたい皆さん、10年かかるので一日も早く経営指針づくりと実践に取り組みましょう!指針塾で仲間が待っています。

(記:事務局 青芝)