地域内の連携推進News

地域内の連携推進 の記事一覧

  更生保護とは  更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです。その活動は、保護観察所をはじめとした国の機関と、保護司などのボランティアからなる民間の方々…

>続きを読む

 グループ討論の様子  新年度の共同求人活動が本格的にスタートする時期を迎え、求人社員教育委員会は大学・短大・専門学校の先生方との共育懇談会を開催しました。企業からは共同求人活動参加企業を中心に41名が、学校からは15名…

>続きを読む

 本年度最後の福山学は福山市企画財政局企画政策部企画政策課、神原課長をお招きして「福山未来づくりビジョン」に関してお話をいただきました。  こちらの部署、福山市を運営していく中枢と言われるように、今までの講義を総括する形…

>続きを読む

 福山市について幅広く理解を深める目的でスタートした福山学ですが、第9講は福山市からネウボラ推進課の藤井課長をお迎えし、福山市の「子育て」について学びました。  ネウボラはフィンランドが発祥で、貧困や衛生環境の悪さで命を…

>続きを読む

  毎年恒例の「合同忘年会」が開催されました。参加者は、他団体から6名、同友会関係者が18名でした。  この合同忘年会は、主に共同求人活動などを通してご縁ができた方々と、同友会の会員が交流を深めるために4委員会合同で毎年…

>続きを読む

 去る1月9日、福山支部の新春講演会&互礼会の中で、広島県中小企業家同友会と福山平成大学との連携協定の調印式を行いました。  これは、昨年4月の福山支部35周年行事の中で河村支部長が「今後の同友会運動を展望すると、地域の…

>続きを読む

 地域内連携推進委員会(山本浩矢委員長)は、「地域資源を生かした中小企業の仕事づくり」を切り口に勉強会を行っています。11月14日、レモンケーキ100百万個/年つくる瀬戸田の㈱島ごころさんを訪ね、工場を視察するとともに、…

>続きを読む
トップヘ