地域内の連携推進News

地域内の連携推進 の記事一覧

■講師:笠岡商工会議所 高橋宏文 氏  あの暑くてうだる様な日々の8月が終わり9月に入りましたが、まだ少し暑さの名残がある長月の上旬に地域内連携推進委員会がZOOMにて開かれました。  この度は、〈ラーメンのまち笠岡の地…

>続きを読む

 広島女学院大学と同友会で、2・3年生対象のインターンシップを開催しました。  期間は9月7日(全体会・初日)~16日(全体会・最終日)の5日間(うち3日を各企業で実習を行う)でした。参加企業15社で19名の学生を受け入…

>続きを読む

 広島同友会は県商工労働局に4回目の政策提案を行いました。コロナ禍の中で、会社と雇用をどう守るのか、新しい仕事づくりをどう進めるか、借入で劣化する資本をどう強化するのかなど、経営者の悩みや課題は尽きません。そうした経営者…

>続きを読む

 去る9月11・18日に2022年3月卒業予定の大卒・短大・専門学校の学生向けの企業募集のためのオリエンテーション(以下、オリテ)を開催しました。  前年度までは各支部で開催でしたが、コロナ禍で、情報を同じ密度で発信する…

>続きを読む

 製缶業の㈱ウェルストンの石井純平氏は、通常端材保管に使用される「着脱式コンテナ(バッカン)」に広告デザインを施し、トラックの荷台に積んで宣伝する新事業を始めました。  この取り組みは、同じく青年部に所属している福山観光…

>続きを読む

 広島同友会は8月28日、恒例の県商工労働局幹部の皆さんとの懇談会を開催しました。この懇談会は、県の幹部の方々に中小企業の実情を伝え、県経済の活性化を共に考えることを目的にしています。17回目となった今回は3密を避けるた…

>続きを読む

 去る8月8日、「高校の先生方と経営者との懇談会」を、緊急開催しました。  呉会場で30年継続している懇談会ですが、新型コロナウイルス禍により、5月開催を中止。今年で3回目になる「高校生と保護者のための企業ガイダンス」も…

>続きを読む

 8月27日、第1回の「第4木曜日はテイクアウトの日」が行われました。これは、広島中支部活性化委員会の発案です。コロナ禍で八割以上の会員企業が何らかの影響を受け、あるいは懸念が持たれています。中でも最も甚大な影響を受けて…

>続きを読む

 7月度のF地区例会は「今こそ助け合い!~オープンマインドで行こう~」と題し、新型コロナウィルスの感染防止を勘案し、Zoomを用いたオンラインでも例会を開催しました。  参加人数は33名で行いましたが、パソコンの画面一杯…

>続きを読む
トップヘ