活動レポートNews

「社長就任6年!経営指針の成文化が当社にもたらした成果」広島中支部中③④地区会9月例会

2016-10 naka34 (2)  9月13日、綜合テント工業有限会社の馬淵憲徹さんに、「社長就任6年!経営指針の成文化が当社にもたらした成果 ~前経営労働委員長が語る、売上・利益アップへの道筋~」と題して報告をしていただきました。

 馬淵さんは、ご自身と会社の紹介・エピソードを交えつつ、常日頃大事にしていること、経営指針を作ることの意味について、終始マイルドな笑顔で語ってくれました。

 印象に残った点は、次のとおりです。

1 孔子の「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」という言葉にあるように、仕事も家庭も、楽しむこと、楽しめる状態に持っていくことが大事であること

2 同業他社で修行したとしてもそれはあくまで一社員(プレイヤー)としての修行であり、社長業の修行が別に必要であること、社長という立場にいると余り批判される機会がなくなることから、そのような修行・機会を得る場として同友会での学びが役立つこと

2016-10 naka34 (1)3 経営者の仕事とは、①方向性を示す、②資金の適正な分配、③人を動かすことであること

4 経営計画がないと会社が発展するはずがないという考えは、金融機関も強く持っていること

5 経営指針を社員に浸透させ、自分で判断ができる社員を育てるとともに、社員を信じることが大事であること

6 経営指針を作成し、見直し、具体的な行動にしたり社員に浸透させるために必要なことは、まず「やる」と決めることであること

 報告後のグループ討論では、経営指針を作成したことがない会員からも、経営指針の必要性、効用についてイメージが持てたとか、最初から立派なものを作る必要はないことが分かり、やってみようという気持ちになれた等の積極的な意見が出て、とても活気のある例会となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 2月16日18:30 テーマ「金融機関から見た藤本社長の事業計画書」サブテーマ「欲しい機械を買う為、社長の決意」同友会事務局で開催しました。  中①地区会の参加者は、10名、金融機関3名(広島銀行2名、広島信用金庫1名…

>続きを読む

○かわの寝具店の強み  昭和50年に独立して今年で34年目。現在、女性スタッフ主体のお店で、女性スタッフ以外の男性は川野氏一人。9人のスタッフの内15年以上働いているベテランスタッフが半数以上の5人いることが会社で最大の…

>続きを読む

○現在までの経緯  藤原氏は㈱ディ・ディライトを設立する前は、ソフト開発会社の創業メンバーとして、役員と開発部長を兼任するかたちで活動をしていましたが、他の幹部と経営に対する考え方の違いから葛藤の日々を送っていたそうです…

>続きを読む
トップヘ