活動レポートNews

「社長就任6年!経営指針の成文化が当社にもたらした成果」広島中支部中③④地区会9月例会

2016-10 naka34 (2)  9月13日、綜合テント工業有限会社の馬淵憲徹さんに、「社長就任6年!経営指針の成文化が当社にもたらした成果 ~前経営労働委員長が語る、売上・利益アップへの道筋~」と題して報告をしていただきました。

 馬淵さんは、ご自身と会社の紹介・エピソードを交えつつ、常日頃大事にしていること、経営指針を作ることの意味について、終始マイルドな笑顔で語ってくれました。

 印象に残った点は、次のとおりです。

1 孔子の「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」という言葉にあるように、仕事も家庭も、楽しむこと、楽しめる状態に持っていくことが大事であること

2 同業他社で修行したとしてもそれはあくまで一社員(プレイヤー)としての修行であり、社長業の修行が別に必要であること、社長という立場にいると余り批判される機会がなくなることから、そのような修行・機会を得る場として同友会での学びが役立つこと

2016-10 naka34 (1)3 経営者の仕事とは、①方向性を示す、②資金の適正な分配、③人を動かすことであること

4 経営計画がないと会社が発展するはずがないという考えは、金融機関も強く持っていること

5 経営指針を社員に浸透させ、自分で判断ができる社員を育てるとともに、社員を信じることが大事であること

6 経営指針を作成し、見直し、具体的な行動にしたり社員に浸透させるために必要なことは、まず「やる」と決めることであること

 報告後のグループ討論では、経営指針を作成したことがない会員からも、経営指針の必要性、効用についてイメージが持てたとか、最初から立派なものを作る必要はないことが分かり、やってみようという気持ちになれた等の積極的な意見が出て、とても活気のある例会となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 西研㈱の製造係長である内藤毅氏にご報告頂きました。  3S活動とは「整理・整頓・清掃」の頭文字を取った言葉で、製造業の合言葉として日常的に行われています。  6年前に3S活動推進のメンバーに抜擢された内藤氏。はじめは毎…

>続きを読む

 去る9月20日、標記例会で、株式会社髙橋呉服店の髙橋信善さんに、経営体験報告を行っていただきました。  髙橋呉服店は、明治2年創業、現在の代表者(父)が5代目という歴史ある会社です。同社の沿革、戦時中の苦労話等を交え、…

>続きを読む

 9月の中①地区会の例会は、古川ガラス建材の古川さんに「個人経営者が経営計画を作成してどうなったか」というテーマで報告頂きました。  同友会で経営指針書を作成された時はA4用紙2枚からスタートされたそうです。奥さんと息子…

>続きを読む

【感想1】9月25日、西区商工センターにおいて第16回同友トピアが開催されました。8年振りということもあってか、100を超す会員企業さんに出展いただきました。  机と椅子しか用意されてないブースですが、のぼりを立てたり、…

>続きを読む

 会員候補18名、及び他支部・他地区・他ブロックの会員多数を含む、総勢81名の方にご参加いただき、とても活発で交流のある例会でした。  「家業の3代目になりたい」と思っていたのに意思を伝えるきっかけがないまま、家業の廃業…

>続きを読む
トップヘ