活動レポートNews

「3S活動を通して、会社を活性化しよう!」広島西支部佐伯地区10月例会

今月の例会テーマは3S活動(整理・整頓・清掃)を約5年前から積極的に導入し、その後は、会社の活性化に見事成功され、会社の売上アップにも繋げておられる、㈱津田製作所の津田社長にご報告を頂きました。

まず冒頭に、3S活動を導入した目的を、わが社を『日本一の会社にするため』とし、「シンプルではありますが、この3S活動を通じて、お客様と社員の満足度を日本一の会社にしたい」との3S活動導入にいたる想いをお話されました。3S活動導入にあたり、社員さんへの理解と協力がかかせないわけですが、それについて津田社長は「たとえ会社が潰れる前の日でも、私は掃除をする覚悟だ」と社員全員に伝え、津田社長の3S導入に際しての、並々ならぬ本気度を前面に、社員さんへの意識改革を少しずつ実践されてきたとのことでした。また、お話の中でそもそも3S「整理・整頓・清掃」の定義とは何か?について、参加者へ質問されました。津田社長は、「3Sの定義を明確化する事が、最初の第一歩であり、3S活動を実施する上で、とても大切です」とのことでした。

2016-10 saekiお話の中での3S(整理・整頓・清掃)とは次のようなものでした。

⑴「整理」とは、要る物・要らない物・急がない物に分けて、要らない物を捨てる事。

⑵「整頓」とは、定位置・定量・定方向・表示・標識の「5頓」を実践する事。

<5頓の意味>

(0頓)実践前・・現状を把握しましょう。

(1頓)定位置・・場所を決めましょう。

(2頓)定量 ・・数を決めましょう。

(3頓)定方向・・向きを決めましょう。

(4頓)表示 ・・名前を決めましょう。

(5頓)標識 ・・場所の名前を決めましょう。

⑶「清掃」とは、ゴミ・チリ・ホコリ・汚れのないピカピカの状態に近づける事。

「以上の3つの定義をまず会社で明確化する事、そして3S活動とは何かを知る事、それが実践する上での、最も大切なことなのです」と津田社長はお話されました。

津田社長の会社でも導入1年目は、捨てる物だけでもなんと「6トン」ものゴミを捨てられたとのこと。また、廃棄する物・廃棄しない物を区別するため専用カードを作成、またプロの講師を呼び個別に指導をうけるなど、会社全体で取り組みを実践されました。その他、毎月1回は社員を集め、3S活動の進捗などのプレゼン発表も実施。「当時は、パソコンもパワーポイントも使えなかった社員がほとんど。今では、プレゼン発表のおかげでほぼ全員が使えるようになり、3S活動を通じ、会社全体が活性化しいくのを少しずつ実感できています。現在では、3S活動は業務として取り組んでいる」とのことでした。

津田社長は、「たったこれだけの事ですが、3Sが実践できなければ、会社内で10秒で出来る事を、数分かけてやっている事がたくさんあるはずです。まずは、その事に気付くことが第一歩であり、ぜひ、3Sの効果を体感してほしい」と締めくくって頂きました。

最後に、この度の佐伯地区会9月例会は、地区会員の他、社員さんも多数ご参加下さり、なんと総勢44名の方がご参加頂きました。また、広島信用金庫さんからも、佐伯地区例会としては初めて3名の方がご参加下さり、その後のグループ討論でも、ここ最近では、最も盛り上がった活発な討論会ではなかったかと思います。津田社長におかれましては、誠にお忙しい中を、ありがとうございました。おかげさまで大変有意義な地区例会となりました。つきましては、ぜひ、皆さんも出来るところから3S活動実践してみましょう。

 

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 当社は福山市で金属製品の製造をしています。社員数35名の内、4名の障害者(肢体不自由・聴覚障害・広汎性発達障害2名)を雇用しています。  障害は主に、知的障害・身体障害・精神障害・発達障害の4つに分けられます。発達障害…

>続きを読む

■経営指針をつくった理由    同友会に入会する前、当時は絵に描いたようなワンマン社長でした。私に対して社員は何もものを言えないような環境です。考え方も、会社とは自分自身が私腹を肥やすための道具であり、社員は駒だと思って…

>続きを読む

■経営に必要な二つの視点  昨年は、英国では国民投票でEUからの全面離脱の決定、アメリカ大統領選挙では自国1番主義のトランプ氏が当選するなど、これまでの共通の理念=連帯・融合の考え方から、分断・排除の方向へ向かうことを予…

>続きを読む

 5月24日、広島安佐支部総会が開催されました。  そもそも理事会でのこと。「もっと地元行政の方々にも安佐支部が何を思って活動しているか知ってもらわんといけないんじゃないの?」と支部長が一言。  昨年度は広島市の後援を得…

>続きを読む

 5月13日、保護者の方を対象に「中小企業を語る」機会がありました。  昨年に続き2度目となった当日は、約70名を前に、同校の卒業生で呉支部会員の三名の経営者が熱く語りました。  まず、㈱呉匠の角氏(精密部品機械加工)が…

>続きを読む
トップヘ