活動レポートNews

「福山での条例づくり」福山支部政策環境委員会

 5月の政策環境委員会は、座談会「条例はなぜ必要なのか、できたらどうなるのか」の題を基に委員会を開催しました。ポイントとしては、①条例はそもそも何なのか、②条例はなぜ必要なのか、③条例ができたらどうなるのか、④府中や福山の条例をめぐる動きの4つでした。以下、主な発言です。

  • そもそも中小企業基本条例は、この委員会でも足掛け10年経っている。都道府県では、広島、佐賀、高知、東京のみ出来ていない。
  • 条例はなぜ必要か。どうして他県の様にうまくいかないか。ひとえに危機感の欠如が原因。特に福山は大手依存の姿勢が強かった。30~50年後のこの町はどうなっているか、他人事で良いのか。立て直し出来るのは中小企業だ。地域活性化の為、安心して仕事ができる様に長期にわたる方針が必要だ。
  • 中小企業の小さな輝きが集まって大きな輝きになる。そんな地域づくりが必要ではないか。各地区に帰って盛り上げてもらいたい。もうそろそろ支部を巻き込み動く時期。
  • 大手1社が1000人雇用するよりも、1000社の中小企業が1人ずつ雇用される方が地方が強くなる。地域の行事、学校に対しても色んな面で中小企業が支えている。
  • 行政や経営者団体には、理念よりも具体的な施策こそが重要だと考えているトップも多い。地域における中小企業の努力が認識されず、報いられていない。だから成文化が必要である。
  • 大切なのは未来永劫の理念。色んな団体を巻き込み攻める事が必要だ。福山市の場合、商工会議所が中心となっていけば成果は出やすい。商工会、商店街連合会他を巻き込んでいけば皆が集まってくれるだろう。
  • 条例は、市が中小企業に対する姿勢を定めたもの。中小企業側の視点なしに一方的に定められると困る。大企業と中小企業のそれぞれの役割を明確にし、中小企業の存在意義を認めてもらう条例づくりが欠かせない。作るには色んな関係団体を巻き込まないと難しい。行政や議員、中小企業や多方面の方に入ってもらって検討するのが良い。
  • 議員立法で作るのは早いが、形のみに終わるケースが見られる。
  • 条例を作ると中小企業の生の声が施策に反映され、中小企業の大切さ、認知を上げられる。

 最終にまとめとして、「我々は社会の主役?脇役?現実99%が中小企業。大企業を支える存在、必要不可欠な存在である。地域経済の主役、狭いエリアの主人公である」「政策の1つの課題として、プロジェクトチームを主体として勉強も行いながら、条例化作成に向けた議論を進めていく必要がある」という指摘がありました。
 出席された方の皆様がその様に進めていく必要を感じられたと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

●豪雨の当日  呉支部では7月6日(金)は支部理事の皆さんが中同協全国総会(in宮城)に参加されていました。全国総会を途中退席されその日のうちに呉市まで戻った方、大阪や京都で一泊された方。翌日の交通の便に切り替えられた方…

>続きを読む

企業は違えど、同期の仲間 「共に育つ関係」が、これからも続くことを  梅雨が明け、本格的な夏が始まろうとする七月、今年も広島・福山の2会場で新入社員フォロー研修が開催されました。広島会場:7月2日開催・28社88名、福山…

>続きを読む

講師:税理士法人 若宮&パートナーズ 代表社員  若宮 克彦 氏  7月26日、西支部オープン例会では、事業承継をテーマに今年度改正された税制改正についての講演が開催されました。 ■画期的な税制改正  これまでの税制では…

>続きを読む

「新卒採用に向けた求人勉強会」を6月から8月にかけ3回シリーズで広島・福山・呉の各支部で開催しました。  各支部で採用活動に必要な情報について足並みを揃えるため、県求人社員教育委員会がカリキュラムを統一化しました。  1…

>続きを読む

挑戦的なタイトルで告知した例会でした。 中小企業にとって、ここ数年の悩みは、社員の定着があります。また、社員と会社との労使トラブルもよく耳にします。そこで今回は「働き方改革」について労務的な改正点と実際に経験された実例。…

>続きを読む
トップヘ