同友ひろしまNews

更新日2016.09.05

ちょっとした話①~中四国初の産業医事務所

08p1 呉支部会員の篠崎保範氏(社会保険労務士事務所フェニックス所長)が、精神科の産業医と連携し、合同会社 アークヘルス産業医事務所を設立されました。法人として同様の事務所を開設するのは中四国でも初になるとのこと。
 「昨年安衛法が改正され従業員50人以上の事業場にストレスチェックが義務化されるなど企業のメンタルヘルス対策の充実・強化が進んでいます。企業の生産性・労務管理上においても、従業員の健康管理の必要性がさらに高まることが予想されます」と篠崎氏。
 「産業医は医療面で、社労士は労務環境の改善でサポートするというベストマッチなコラボで企業の健康管理に応えていく」のがねらいです。
 具体的なサービスは、嘱託産業医の派遣や健康診断・ストレスチェックの結果に基づく保健指導のほか、人事労務・安全衛生などのコンサルティングなども行うとのこと。また、内科系産業医、産業カウンセラー等、提携する専門家のネットワークも構築されており、企業の健康管理にワンストップで対応も可能になりました。
 最後に「企業にとって最も重要なパートナーである社員の健康をないがしろにしていては企業の発展は望めません」というお話が印象的でした。
 お問合せは同所(℡082‐221‐0830)まで。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

●未来を見据えて変えよう、代わろう  去る2月8日・9日、兵庫県神戸市に2054名(会員と来賓)が集い、過去最大規模で開催されました。広島同友会からは65名の参加でした。  本大会では「自社で解決できない経営の外部要因の…

>続きを読む

 新卒者の採用活動が本格的にスタートする時期を控え、求人社員教育員会は今年も学校との共育懇談会を開催しました。企業の人材不足や採用難が社会問題として注目される中、求人社員教育委員会は、共同求人活動が単に人を採る活動ではな…

>続きを読む

■「零(ゼロ)」に込めた思い  建築工房零はその社名の通り建築業を営んでいます。私が28歳の時に創業し、今年で14年目を迎えます。  社名に込めた思いは、世の中全体が「モノがたくさんあれば幸せだ」という価値観の中で、「本…

>続きを読む

  ■人と利益の両輪  我が社は福岡でコールセンター事業をしています。中でも健康食品に特化しています。  創業時、同友会のことを知り入会しました。すぐに経営指針を作ります。しかし会社は良くならない。そこで、全国行事に参加…

>続きを読む
トップヘ