同友ひろしまNews

更新日2016.09.05

ちょっとした話①~中四国初の産業医事務所

08p1 呉支部会員の篠崎保範氏(社会保険労務士事務所フェニックス所長)が、精神科の産業医と連携し、合同会社 アークヘルス産業医事務所を設立されました。法人として同様の事務所を開設するのは中四国でも初になるとのこと。
 「昨年安衛法が改正され従業員50人以上の事業場にストレスチェックが義務化されるなど企業のメンタルヘルス対策の充実・強化が進んでいます。企業の生産性・労務管理上においても、従業員の健康管理の必要性がさらに高まることが予想されます」と篠崎氏。
 「産業医は医療面で、社労士は労務環境の改善でサポートするというベストマッチなコラボで企業の健康管理に応えていく」のがねらいです。
 具体的なサービスは、嘱託産業医の派遣や健康診断・ストレスチェックの結果に基づく保健指導のほか、人事労務・安全衛生などのコンサルティングなども行うとのこと。また、内科系産業医、産業カウンセラー等、提携する専門家のネットワークも構築されており、企業の健康管理にワンストップで対応も可能になりました。
 最後に「企業にとって最も重要なパートナーである社員の健康をないがしろにしていては企業の発展は望めません」というお話が印象的でした。
 お問合せは同所(℡082‐221‐0830)まで。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 政策委員会(宮﨑基委員長)は9月5日、15回目となる県商工労働局との懇談会を開催しました。最初に、同友会から粟屋充博代表理事、県から佐伯安史商工労働局長が開会挨拶、「広島県中小企業・小規模企業振興条例」(「条例」)の制…

>続きを読む

 政策委員会(宮崎基委員長)は、7月3日から3週間、今年度第1回のアンケート調査を実施しました。回答いただいた474名の皆さん、有難うございました。概要を紹介します。 (※DI=傾向をみるための数値。DIが100に近づく…

>続きを読む

 西日本豪雨被災後、すぐに懸念されたのが2次被害(間接被害)です。飲食店ではキャンセルが相次ぎ、物流の停滞、断水などで事業活動ができないとの声が多く寄せられました。そこで、中同協災害対策本部と連携し、被災のあった県で同様…

>続きを読む

 福山支部が取り組んで来た「特別支援学校の先生方の企業訪問バスツアー」は、福山北特別支援学校と8年間、沼隈特別支援学校と昨年から続いています。県内の特別支援学校からもこのバスツアーへの期待が高まり、今年は広島市、廿日市市…

>続きを読む
トップヘ