同友ひろしまNews

同友トピア ~8年ぶりの再開

 第16回目を迎える「同友トピア」が、去る9月25日、広島市中小企業会館展示館で開催されました。前回の開催は2009年でしたから、約8年ぶりの再開でした。
 今回の大きな目的は「普段の例会などでは、なかなか知ることができない会員企業がどのような事業を行っているのかを深く知り、ビジネスマッチングへ繋げていく。同友トピアをきっかけに様々な場へ出て行くきっかけづくりの場とする」として、企画・運営されました。
 参加企業は過去最高の100社、100ブース、広島4支部の会員企業を中心に福山支部や会員外では広島信用金庫や山陽高等学校からの出展もありました。
 同友トピアに初めて参加したある会員さんの感想です。「今後、いろんな展示会に出展したいと考えていました。そのための練習も兼ねて参加しました。他社の様々なPR手法や魅せ方が本当に勉強になりました」。
 経営者自身の課題、問題意識が企業間ネットワーク構築の出発点となるのではないでしょうか。みずから足を踏み出すことが、ネットワーク構築の第一歩だと感じました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 4月23日、福山支部の35周年記念行事を、福山ニューキャッスルホテルで行い、会員など延べ220名が参加しました。  行事は4部構成で行いました。第1部は、第36回福山支部定時総会。第2部は35周年記念式典、第3部は35…

>続きを読む

 5月12日(土)、呉支部第31回定時総会・支部設立30年行事を開催しました。(当日は来賓14名、会員133名が参加) ●地域からの期待が高まる  第1部は、定時総会でした。今年度のスローガンは『変化に挑戦し、生産性を向…

>続きを読む

 4月12日、福山市の中小企業振興基本条例制定をめざす「福山市の経済と地域活性化を考える会」の第四回会合を開催しました。講師に迎えたのは、福山商工会議所専務理事の小川智弘氏。会員や市議会議員、会議所職員など約30名が参加…

>続きを読む

報告者:㈲共楽堂 代表取締役  芝伐 敏宏 氏  共楽堂のコンセプトは「旬果瞬菓」。旬のフルーツの美味しさを最大限生かしたお菓子づくりです。一番の商品は、夏の商品「ひとつぶのマスカット」。岡山の専属農家で栽培されたアレキ…

>続きを読む

 多くの企業で新入社員を迎えた4月2日。福山支部では特別支援学校卒業生を対象にした新入社員研修一日コースを開催し、2社4名の新入社員が参加しました。  今年で6回目のとなる研修では、インタビュー形式による先輩社員の体験発…

>続きを読む
トップヘ