同友ひろしまNews

同友トピア ~8年ぶりの再開

 第16回目を迎える「同友トピア」が、去る9月25日、広島市中小企業会館展示館で開催されました。前回の開催は2009年でしたから、約8年ぶりの再開でした。
 今回の大きな目的は「普段の例会などでは、なかなか知ることができない会員企業がどのような事業を行っているのかを深く知り、ビジネスマッチングへ繋げていく。同友トピアをきっかけに様々な場へ出て行くきっかけづくりの場とする」として、企画・運営されました。
 参加企業は過去最高の100社、100ブース、広島4支部の会員企業を中心に福山支部や会員外では広島信用金庫や山陽高等学校からの出展もありました。
 同友トピアに初めて参加したある会員さんの感想です。「今後、いろんな展示会に出展したいと考えていました。そのための練習も兼ねて参加しました。他社の様々なPR手法や魅せ方が本当に勉強になりました」。
 経営者自身の課題、問題意識が企業間ネットワーク構築の出発点となるのではないでしょうか。みずから足を踏み出すことが、ネットワーク構築の第一歩だと感じました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 福山支部では11月30日、「福山市の経済と地域づくりを考える」シリーズ勉強会の第1回を開催しました。講師には福山市経済環境局長の市川紀幸氏にお願いし、福山市の状況や産業政策についてお話いただきました。  この勉強会は、…

>続きを読む

 ■板金屋からメーカーへ  私は3つの会社経営に関わっています。バスの車体を整備・製造する㈱ヴィ・クルー、バスを販売する㈱オートパル、デザイン・設計などバスをプロデュースする㈱CONNECTです。  かつては板金塗装やバ…

>続きを読む

  次年度の県同友会総会議案書作成にあたり、県理事会にて大林先生に講義をお願いしました。講義要旨の抜粋を掲載いたします。   ●中小企業経営の基本課題  本日は、「中小企業を取り巻く情勢と経営課題」と題し、広島同友会が実…

>続きを読む

 ■金融アセス運動とは  1986年から始まったバブル景気は、国の不動産取引規制と金融の引き締めにより1991年に崩壊します。金融機関は多額の不良債権を抱えることとなり、その処理のために金融検査マニュアルによる中小企業へ…

>続きを読む
トップヘ