同友ひろしまNews

同友トピア ~8年ぶりの再開

 第16回目を迎える「同友トピア」が、去る9月25日、広島市中小企業会館展示館で開催されました。前回の開催は2009年でしたから、約8年ぶりの再開でした。
 今回の大きな目的は「普段の例会などでは、なかなか知ることができない会員企業がどのような事業を行っているのかを深く知り、ビジネスマッチングへ繋げていく。同友トピアをきっかけに様々な場へ出て行くきっかけづくりの場とする」として、企画・運営されました。
 参加企業は過去最高の100社、100ブース、広島4支部の会員企業を中心に福山支部や会員外では広島信用金庫や山陽高等学校からの出展もありました。
 同友トピアに初めて参加したある会員さんの感想です。「今後、いろんな展示会に出展したいと考えていました。そのための練習も兼ねて参加しました。他社の様々なPR手法や魅せ方が本当に勉強になりました」。
 経営者自身の課題、問題意識が企業間ネットワーク構築の出発点となるのではないでしょうか。みずから足を踏み出すことが、ネットワーク構築の第一歩だと感じました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 今年からリニューアルした経営指針セミナー「ひろしま経営指針塾」。「経営指針成文化と実践の手引き(テキスト)」にそって毎月1回勉強中です。9月9日に開催された第3講の要旨をご紹介します。   数字がわからなければ、経営者…

>続きを読む

■思わぬ労働組合結成  私は昭和28年に高校を卒業してすぐに母親の営む石炭屋で働き始めました。それからガスやリフォーム、メンテサービスなど、様々な分野に手を出していきました。  多角経営をしていくと、空調、電気、何でもで…

>続きを読む

 我社は昭和21年に祖父が創業しました。私は3代目になります。大学を卒業後、2年ほどして、父の経営する会社に呼び戻されました。  当時の我社は、いわゆる町工場で、そこらじゅう油まみれの状態でした。そこから取り組みやすいと…

>続きを読む
トップヘ