同友ひろしまNews

地域循環型の新しい仕事づくりを考える

 地域内連携推進委員会は9月12日、委員長である永本清三氏が社長の永本建設㈱を視察しました。
 永本社長は近くの山の木で家をつくる運動を進めています。現実は外材の使用がほとんどですが、オール地元材で家をたてれば、お金は地元から逃げていきません。「製造原価から地域循環させよう」と提唱します。SGEC(緑の循環認証)産地証明材を活用し、原木の丸太から買い付け、伝統工法を復活させ、プレカットから手刻みを行うなど、ひと手間、ふた手間かけることで、付加価値が高まり、ビジネスチャンスが広がります。これがいつの間にか絶対的な強みになったと紹介します。
 また、廿日市漁民の森づくりを進め、自分たちにできるエネルギーシフトとして薪ストーブ事業を展開するなど、永本さんの身近な取り組みを伺いました。お金のない中小企業が新しい仕事づくりに挑戦するには、①地域循環に貢献するという志の高さ、②社員の働きがいをつくる(木の家づくりに共感する社員)、③それらを毎年形にして、進化(深化)させていく、などが大切なことを学んだ訪問となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 今年からリニューアルした経営指針セミナー「ひろしま経営指針塾」。「経営指針成文化と実践の手引き(テキスト)」にそって毎月1回勉強中です。9月9日に開催された第3講の要旨をご紹介します。   数字がわからなければ、経営者…

>続きを読む

■思わぬ労働組合結成  私は昭和28年に高校を卒業してすぐに母親の営む石炭屋で働き始めました。それからガスやリフォーム、メンテサービスなど、様々な分野に手を出していきました。  多角経営をしていくと、空調、電気、何でもで…

>続きを読む

 我社は昭和21年に祖父が創業しました。私は3代目になります。大学を卒業後、2年ほどして、父の経営する会社に呼び戻されました。  当時の我社は、いわゆる町工場で、そこらじゅう油まみれの状態でした。そこから取り組みやすいと…

>続きを読む
トップヘ