同友ひろしまNews

地域循環型の新しい仕事づくりを考える

 地域内連携推進委員会は9月12日、委員長である永本清三氏が社長の永本建設㈱を視察しました。
 永本社長は近くの山の木で家をつくる運動を進めています。現実は外材の使用がほとんどですが、オール地元材で家をたてれば、お金は地元から逃げていきません。「製造原価から地域循環させよう」と提唱します。SGEC(緑の循環認証)産地証明材を活用し、原木の丸太から買い付け、伝統工法を復活させ、プレカットから手刻みを行うなど、ひと手間、ふた手間かけることで、付加価値が高まり、ビジネスチャンスが広がります。これがいつの間にか絶対的な強みになったと紹介します。
 また、廿日市漁民の森づくりを進め、自分たちにできるエネルギーシフトとして薪ストーブ事業を展開するなど、永本さんの身近な取り組みを伺いました。お金のない中小企業が新しい仕事づくりに挑戦するには、①地域循環に貢献するという志の高さ、②社員の働きがいをつくる(木の家づくりに共感する社員)、③それらを毎年形にして、進化(深化)させていく、などが大切なことを学んだ訪問となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 4月23日、福山支部の35周年記念行事を、福山ニューキャッスルホテルで行い、会員など延べ220名が参加しました。  行事は4部構成で行いました。第1部は、第36回福山支部定時総会。第2部は35周年記念式典、第3部は35…

>続きを読む

 5月12日(土)、呉支部第31回定時総会・支部設立30年行事を開催しました。(当日は来賓14名、会員133名が参加) ●地域からの期待が高まる  第1部は、定時総会でした。今年度のスローガンは『変化に挑戦し、生産性を向…

>続きを読む

 4月12日、福山市の中小企業振興基本条例制定をめざす「福山市の経済と地域活性化を考える会」の第四回会合を開催しました。講師に迎えたのは、福山商工会議所専務理事の小川智弘氏。会員や市議会議員、会議所職員など約30名が参加…

>続きを読む

報告者:㈲共楽堂 代表取締役  芝伐 敏宏 氏  共楽堂のコンセプトは「旬果瞬菓」。旬のフルーツの美味しさを最大限生かしたお菓子づくりです。一番の商品は、夏の商品「ひとつぶのマスカット」。岡山の専属農家で栽培されたアレキ…

>続きを読む

 多くの企業で新入社員を迎えた4月2日。福山支部では特別支援学校卒業生を対象にした新入社員研修一日コースを開催し、2社4名の新入社員が参加しました。  今年で6回目のとなる研修では、インタビュー形式による先輩社員の体験発…

>続きを読む
トップヘ