活動レポートNews

「俺みたいになるな! しくじり社長の社内コミュニケーション失敗劇」広島西支部佐伯地区会11月例会

報告者:中国シンワ㈱ 代表取締役 太原 真弘 氏

2016-12 nishi1

 現在、佐伯地区会 副地区会長として同友会歴も長くリーダーシップを発揮されている太原さんが「社内コミュニケーションはとれていますか?」 をテーマにご報告を頂きました。

 中国シンワ㈱の業務内容はホテル・旅館・病院へ使い捨てハブラシ、カミソリなどの卸売りと テレビなどの備品のレンタルを行う会社です。先代で太原社長の父が45年前に創業されました。ホテル業界の発展とともに会社業績も堅調に伸びる中、12年前に父からバトンタッチを受けたと同時に、先代は経営の第一線から退きアドバイスや指導などもなく、当時の太原社長は右も左もわからない状態だったということです。また業務は当時の部長が全て仕切っており、業績も堅調なので、なんとなく社長をしていたとのことです。そんな中、リーマンショックがあり業績悪化を立て直すために先代からの先輩社員ひとりひとりへいろいろ細かく指示を出し、細かく話をすることで自分の意図することが伝わっていると思っていました。

 ところが無記名のアンケートを実施して、実際は社員は不満だらけで厳しい社長への言葉、会社への批判を目にします。そのアンケートを何枚も読んでいただき、社員は会社や社長をこんな目で見ている、あるいはこんな不満を持っているということがその内容からひしひしと伝わってきました。「社長自ら実践してください」「何件か営業していますか?」「得意先に『中国シンワの社長は元気?』と言われます」などなど、中にはもっと辛らつな言葉もありました。

2016-12 nishi2

 ここで太原社長はコミュニケーションの円滑化にむけ組織の責任者を任命し対話を重視しながら まずは社員のいうことをよく聞いて、任せる方法をとられたということです。営業会議でそれぞれの責任者の話を聞き、その組織のことは任せる。あまり口を出さない。すると少しづつコミュニケーションがとれるようになり、また、テレビの地デジ化の特需もあり、業績も改善したということです。

 この経験でコミュニケーションは自分の思い100のうち相手に言葉では100伝えることはできるけれど、相手がそれを理解してくれるかは別なことに気がついたこと。相手に納得してもらうことが大切であるということ。そのために相手を信頼して任せる方法をとられたことを語って頂きました。この方法はよく考えると自分が社長に就任した時の先代のやり方だったことにも気がつかれ、現在もさらに組織化にむけ奮闘されています。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 当社は福山市で金属製品の製造をしています。社員数35名の内、4名の障害者(肢体不自由・聴覚障害・広汎性発達障害2名)を雇用しています。  障害は主に、知的障害・身体障害・精神障害・発達障害の4つに分けられます。発達障害…

>続きを読む

■経営指針をつくった理由    同友会に入会する前、当時は絵に描いたようなワンマン社長でした。私に対して社員は何もものを言えないような環境です。考え方も、会社とは自分自身が私腹を肥やすための道具であり、社員は駒だと思って…

>続きを読む

■経営に必要な二つの視点  昨年は、英国では国民投票でEUからの全面離脱の決定、アメリカ大統領選挙では自国1番主義のトランプ氏が当選するなど、これまでの共通の理念=連帯・融合の考え方から、分断・排除の方向へ向かうことを予…

>続きを読む

 5月24日、広島安佐支部総会が開催されました。  そもそも理事会でのこと。「もっと地元行政の方々にも安佐支部が何を思って活動しているか知ってもらわんといけないんじゃないの?」と支部長が一言。  昨年度は広島市の後援を得…

>続きを読む

 5月13日、保護者の方を対象に「中小企業を語る」機会がありました。  昨年に続き2度目となった当日は、約70名を前に、同校の卒業生で呉支部会員の三名の経営者が熱く語りました。  まず、㈱呉匠の角氏(精密部品機械加工)が…

>続きを読む
トップヘ