活動レポートNews

「呉未来学~自分たちの未来は自分たちで考える <第⑥講>『呉市の空き家の状況は?』」呉支部

2017-02kuregaku

 呉未来学第6講「『住んでて良かった』と言われる呉にするために必要なこと~住環境から考える」と題し、呉市 都市部 参事補 坂井学氏に、ご講演頂きました。当日は会員18名、金融機関から8名の参加がありました。

 大きなポイントは、呉市の空き家状況でした。平成25年総務省「住宅・土地統計調査」から推計すると、呉市の空き家率は、22.1%。ただ、この数値は抽出調査による推計値のため、どこに空き家があるのかまではわらないのだそうです。このため、利活用・適切な管理促進のために空き家の持ち主を特定し、実際の利用・管理状況や意向をつかむために、実態調査アンケートを実施されました。結果によれば、一戸建て空き家総数は4872戸、うち老朽空き家は356戸。
 空き家の発生要因は、「人口が減少しているにもかかわらず世帯数が増えた」、「貸家ではなく持家の割合が高い」、「中古住宅の取得が新築に偏り中古住宅での取得が少ない」、「寿命が延びたため持主が入院・施設入所・亡くなって実家が空き家になる頃には子どもたちは独立して持ち家を持っている」。故に、2035年頃には、空き家が大量発生する可能性があるというお話が衝撃的でした。

それを踏まえた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の方針は、定住・移住の促進×中古住宅の流通促進。その具体的施策である助成事業などの紹介もありました(最新情報は「呉市 住宅政策課」のHPをご覧ください)。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 西研㈱の製造係長である内藤毅氏にご報告頂きました。  3S活動とは「整理・整頓・清掃」の頭文字を取った言葉で、製造業の合言葉として日常的に行われています。  6年前に3S活動推進のメンバーに抜擢された内藤氏。はじめは毎…

>続きを読む

 去る9月20日、標記例会で、株式会社髙橋呉服店の髙橋信善さんに、経営体験報告を行っていただきました。  髙橋呉服店は、明治2年創業、現在の代表者(父)が5代目という歴史ある会社です。同社の沿革、戦時中の苦労話等を交え、…

>続きを読む

 9月の中①地区会の例会は、古川ガラス建材の古川さんに「個人経営者が経営計画を作成してどうなったか」というテーマで報告頂きました。  同友会で経営指針書を作成された時はA4用紙2枚からスタートされたそうです。奥さんと息子…

>続きを読む

【感想1】9月25日、西区商工センターにおいて第16回同友トピアが開催されました。8年振りということもあってか、100を超す会員企業さんに出展いただきました。  机と椅子しか用意されてないブースですが、のぼりを立てたり、…

>続きを読む

 会員候補18名、及び他支部・他地区・他ブロックの会員多数を含む、総勢81名の方にご参加いただき、とても活発で交流のある例会でした。  「家業の3代目になりたい」と思っていたのに意思を伝えるきっかけがないまま、家業の廃業…

>続きを読む
トップヘ