活動レポート/2017年/7月/News

「中小企業の見地から展望する日本経済ビジョンとは!?」福山支部政策環境委員会

 2010年に発表され、2015年に改訂された「中小企業の見地から展望する日本経済ビジョン(討議資料)」の勉強会を行いました。解説については、広島同友会のHPにも掲載されていますので、ご参照ください(同友ひろしま3月20日号)。
 参加者の皆さんからは、以下のような感想や意見が寄せられました。

  • 地域のビジョンを考え、知っておくことは、事業経営のためにも有意義だ。一方で、短期的に何に取り組むかも大事だ。
  • 企業の内部留保が増えているのに、賃金が下がっているデータには驚いた。
  • 少子は簡単に解決できないが、高齢化に対する対応はできるはずだ。
  • 若い人はまだまだ大手や公務員志向が強い。しかし、都市部に行って帰ってこないと、親は悲しむ。地域に戻って就職し、そこで生きる、という方向性にすれば、親も喜ぶし、地域コミュニティーも存続できるのではないか。
  • 地域ビジョンを考えるとき、県か市か、あるいは備後圏か。
  • 賃金をどうあげていくかは、企業にとって大きな課題。
  • 話が大きいなと感じた。
  • 大手に対する米国の法的規制の話があったが、日本ではハードルが高いのではないか。
  • こうしたビジョンを実現するためには、まず全社が黒字になって、心の余裕を持つ必要があるのではないか。
  • 例えば、子育てしやすい街として、制度を拡充し、周辺地域から子供を持つ世帯を引き寄せるような取り組みが必要ではないか。
  • 若者が福山に帰って働きたい、という街づくりをすればよい。そのためにも、地域の中小企業をもっと知ってもらう必要がある。
  • 福山だけでは答えは出ない。周辺地域を巻き込む必要がある。
  • 町内会など、地域活動に企業として参加する運動を広げよう。• 市の担当者と一緒に、定期的に勉強会をしていく必要がある。
  • つまり、地域の指針をつくるということではないか。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2017年 7月 の記事一覧

 去る5月23日、高校の先生方の企業見学並びに高校の先生方と経営者との懇談会が行われました。  今年で26年目になるこの行事は、同友会の共同求人活動の一環として、求人難の時代に「なんとか新卒を採用したい!」という会員の熱…

>続きを読む

 呉支部政策委員会では、6月29日に「金融仲介機能のベンチマーク」をテーマに勉強会を開催しました。  今回は、県内の金融機関でベンチマークについて公開されている広島銀行より法人企画室室長の前田敏彦氏、担当課長代理の岡田隆…

>続きを読む

 山本屋 販売店の前で  地域内連携推進委員会(永本清三委員長)は6月12日、尾道を訪ねました。「地域の資源を生かし、仕事につなげ、元気な地域が復活しようとしている」のを視察するためです。  尾道駅前に集合した13名は、…

>続きを読む

 6月23日に、広島四支部求人社員教育委員会主催の「女性社員フォーラム」が、12周年を迎えた女性キャリアアップセミナーの受講生(会員企業の女性社員)200名強の同窓会として、経営者・金融・行政機関を含む81名で開催されま…

>続きを読む

2日目の全体会の様子  6月15~16日、第20回女性経営者全国交流会が富山にて開催されました。全国から695名、広島同友会から17名が参加しました。  一日目は富山県民文化会館で分科会からスタート。「ファミリービジネス…

>続きを読む
トップヘ