活動レポートNews

個人経営者が経営計画を作成してどうなったか? 広島中①地区会

 9月の中①地区会の例会は、古川ガラス建材の古川さんに「個人経営者が経営計画を作成してどうなったか」というテーマで報告頂きました。
 同友会で経営指針書を作成された時はA4用紙2枚からスタートされたそうです。奥さんと息子さんの3人で経営されていますが、3人いれば3通りの見方があり、奥さんと一緒にいても実際に話をしているとズレがあることが作成過程でわかったそうです。
 グループ討論では、「なぜ経営指針を作らないか」というテーマで、作成済みの会員さんとそうでない会員さんとで意見交換がありましたが、一人だから必要性を感じない、文章にするのがおっくうという意見が出ていました。しかし作ることで、自社分析他社分析ができ、事業を進めやすくなるという作成済みの会員さんの意見も出ました。
 最後のグループ発表では、藤本地区会長が一度作ったままの経営指針を今年中に作り直し、発表するという宣言をされました。8月例会からの継続ですが、「作っていない人が成文化する」という目的が一つ達成できて安心しました。
 古川さんの経営指針はシンプルでわかりやすく作られているので、非常に参考になり、なるべくシンプルでわかりやすいものを追求していきたいと感じました。まだ作られていない方も、まずはA4用紙1枚からでも作られてはいかがでしょうか?
 また古川ガラス建材は「開口部のプロ」であり、ガラス屋さんではないということで、サッシやドアやパーテーション、それに付随してセキュリティにも対応されています。皆さんも一度HPを見に行かれてはいかがでしょうか?(「古川ガラス建材」でググると出てきます)うちの会社もガラスや鏡の修理をお願いしていますが、本当にいい仕事をして頂き大満足です。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

●豪雨の当日  呉支部では7月6日(金)は支部理事の皆さんが中同協全国総会(in宮城)に参加されていました。全国総会を途中退席されその日のうちに呉市まで戻った方、大阪や京都で一泊された方。翌日の交通の便に切り替えられた方…

>続きを読む

企業は違えど、同期の仲間 「共に育つ関係」が、これからも続くことを  梅雨が明け、本格的な夏が始まろうとする七月、今年も広島・福山の2会場で新入社員フォロー研修が開催されました。広島会場:7月2日開催・28社88名、福山…

>続きを読む

講師:税理士法人 若宮&パートナーズ 代表社員  若宮 克彦 氏  7月26日、西支部オープン例会では、事業承継をテーマに今年度改正された税制改正についての講演が開催されました。 ■画期的な税制改正  これまでの税制では…

>続きを読む

「新卒採用に向けた求人勉強会」を6月から8月にかけ3回シリーズで広島・福山・呉の各支部で開催しました。  各支部で採用活動に必要な情報について足並みを揃えるため、県求人社員教育委員会がカリキュラムを統一化しました。  1…

>続きを読む

挑戦的なタイトルで告知した例会でした。 中小企業にとって、ここ数年の悩みは、社員の定着があります。また、社員と会社との労使トラブルもよく耳にします。そこで今回は「働き方改革」について労務的な改正点と実際に経験された実例。…

>続きを読む
トップヘ