活動レポートNews

条例プロジェクト 福山支部

 条例づくり勉強会の第2回目は、第1講で助言者をお願いした、福山市立大学の前山教授に講師をお願いし、市民参加のまちづくりについて考えました。
 先生のお話で印象的だったのが、福山市が「協働のまちづくり」の先進地であること。小学校区ごとに、PTAや町内会・老人会ほか様々な地域団体が集まり、街づくり推進事業を行う協議会を形成しています。
 また、米国のシアトル市では、半官半民の機関が街づくりを行っており、その原資に地主の税金が充てられています。
 日本では滋賀県長浜市の黒壁が地域の商店主や不動産業者の努力で見事に再生を果たしている事例などを伺いました。
 すべてに共通している視点は、「公共とは行政機関だけのものではない」という事です。これまでの行政任せのまちづくりではなく、私達自身が主体者意識と問題意識を持って、地域問題に向かう事が大事だという事です。中小企業振興基本条例も同じです。行政に何か支援をしてもらうことを考えるのではなく、こういうことをやりたいから、行政にはこれこれの支援を、という視点なくしては効力を発揮しません。
 討論でも「地域団体の疲弊が叫ばれているが、よく考えれば地域住民の大半は中小企業の社員。彼らが地域に関わるように呼びかける必要があるし、地域活動に参加できるような労働環境を作らなければならない」といった声も上がっています。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

12月A地区例会は、地区会員でもあります、㈱オーザックの岡崎隆社長に「働き方改革」に関する実践報告をしていただきました。  ここ数年「働き方改革」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、岡崎社長の会社では、十数年前か…

>続きを読む

   D地区12月例会は、㈲池永会計事務所 池永章氏を講師としてお招きし、事業承継をテーマにご講演いただきました。  近年、子を中心とする親族内承継が困難となり、中小企業の事業承継の形態が多様化し親族外承継が増加してきて…

>続きを読む

 経営労働委員会で勉強会を開催しました。  経営指針書を作成する第一歩、経営理念編「この話であなたは変わる」~経営理念で会社が変わった~をテーマに菅原汽船㈱代表取締役の菅原 博文氏に体験報告をしていただきました。  体験…

>続きを読む
トップヘ