活動レポートNews

地域のなかに学校を!学校のなかに地域を! 福山支部条例プロジェクト

 条例プロジェクトの第3回勉強会は、立石代表理事を講師に、コミュニティーづくりと企業の役割について学びました。氏は府中市が進めている「コミュニティースクール」の1つ、明郷学園の学校運営協議会の会長をされており、企業経営の考え方と併せて、コミュニティースクールの実践をお話しくださいました。福山市でもその導入を考えていると言うことで、市教委からも2名が参加されました。
 氏の取り組みは「地域のなかに学校を!学校のなかに地域を!」というわかりやすいスローガンを掲げることから始まります。新しい行事や取り組みを創るのではなく、今行っていることを学校を軸に再編するという方針で、地域の同意と納得を作り上げていきました。また、地域の中のあらゆる人的資源を活用されています。
 最後の決定打は「お前が言うんなら、協力するわ」という地域の中での信頼感です。地域を関わり続け、「郷土で錦を織り続ける」ことをモットーとする立石氏の真骨頂だと感じました。
 参加者からは「学校をはじめ、地域のコミュニティーが壊れかけている今、我々中小企業経営者の役割がさらに大きくなっていると感じた」「自分たち経営者だけでなく、社員やその家族も地域活動にコミットできるような環境を整える事が大事」などの声が寄せられました。
 条例プロジェクトも回を重ねるごとに理解が深まっています。ぜひ皆様もご参加ください。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

●豪雨の当日  呉支部では7月6日(金)は支部理事の皆さんが中同協全国総会(in宮城)に参加されていました。全国総会を途中退席されその日のうちに呉市まで戻った方、大阪や京都で一泊された方。翌日の交通の便に切り替えられた方…

>続きを読む

企業は違えど、同期の仲間 「共に育つ関係」が、これからも続くことを  梅雨が明け、本格的な夏が始まろうとする七月、今年も広島・福山の2会場で新入社員フォロー研修が開催されました。広島会場:7月2日開催・28社88名、福山…

>続きを読む

講師:税理士法人 若宮&パートナーズ 代表社員  若宮 克彦 氏  7月26日、西支部オープン例会では、事業承継をテーマに今年度改正された税制改正についての講演が開催されました。 ■画期的な税制改正  これまでの税制では…

>続きを読む

「新卒採用に向けた求人勉強会」を6月から8月にかけ3回シリーズで広島・福山・呉の各支部で開催しました。  各支部で採用活動に必要な情報について足並みを揃えるため、県求人社員教育委員会がカリキュラムを統一化しました。  1…

>続きを読む

挑戦的なタイトルで告知した例会でした。 中小企業にとって、ここ数年の悩みは、社員の定着があります。また、社員と会社との労使トラブルもよく耳にします。そこで今回は「働き方改革」について労務的な改正点と実際に経験された実例。…

>続きを読む
トップヘ